ローン返済の滞り|評判の良い不動産会社を見つけよう|住宅選びの重要性
レディ

評判の良い不動産会社を見つけよう|住宅選びの重要性

ローン返済の滞り

男性

競売における今後の動向について

住宅ローンなどの返済が滞るようになると、借入先の金融機関から督促状が届く流れになります。大抵は半年滞ると債権は他の回収する機関に移り、一括返済の通達が来ることになります。それを放置してしまうと、対象となる物件は差し押さえられて競売という流れとなります。この時点で所有権は消滅するために、すみやかに退去することになり、そして競売により買い手を入札によって決める流れになります。ただし、差し押さえられる前に自分で売却先を探すことも可能で、これを任意売却と呼びます。融資先の金融機関に仲介を依頼する業者を申告し、審査が通れば売却活動を行うことができます。そして売却が決まれば、その売却金額で借り入れの返済を行うことになります。

注意すべき点として挙げられること

競売となると、相場での売却額よりもはるかに安い金額で買い取られることになります。そしてその売却金額で返済額全てをまかなうことができなければ、残りは借金として残る流れになります。競売を防ぐためには、早めの任意売却手続きが必要となります。不動産が動く時期というのも決まっているので、閑散期となると売却先を探すのは困難となります。ローン返済が厳しくなってきたならば、早いうちに決断を下して手放すことを検討する必要があるということです。また、ローン返済が滞ると、延滞金も加算されることになるわけですが、これが結構な額となることも注意が必要となります。もし将来収入増加の見込みがあるのならば、返済期間を延ばす手続きもあるので、それも検討してみる価値はあります。